祖父の日記

「あなたの祖父は,とても頭がいい人だった。

 この日記,なぜか私が預かっていたんだ。

 いい機会だ,これからはあなたが預かってくれないか。」

そんなことを,言われた。

20年程前のことだ。

それ以来,祖父の日記は私の箪笥の中にある。

何度か読んだことがあるが,短歌や詩も綴ってあった。

祖父は,文人でもない。有名人でもない。

戦時中の動員で,大阪で過ごす事もあったようだが,

基本,兵庫県の山奥で生まれ育った人だ。

私には,とても素晴らしい作品をつくることができる友人が存在する。

そのあたりで,賞をもらっている人よりも,素晴らしい作品をだ。

その作品が日の目を見ない。

素晴らしさが人に知られない。

そんな時,ついつい祖父の日記を思い出してしまうのだ。

ただ,それは,私の勝手な感情なのかもしれない。

日記を記していた祖父は,幸せだったのかそうでなかったのか。

誰かに伝えたかったのか,自分の中で完結させたかったのか。

会ったこともない祖父と,日記を介して話していきたい。

Featured Posts
Recent Posts